跡津川断層地震
断層一口メモ

跡津川断層は、白川村荻町の東方にある天生(あもう)峠付近から北東へ向かって、 河合村,宮川村,神岡町を抜け富山県南東縁部の有峰湖付近まで全長約69kmにわたって ほぼ東北東−西南西方向に延びる長大な断層です。
1本の断層が連続しているわけではありませんが、阿寺断層根尾谷断層にくらべて少ない断層線で結ばれており、 断層沿いの宮川や高原川にみられる明瞭な右ずれの屈曲,各所に断層露頭や低断層崖などの断層地形が残されています。
1982年 (昭和 57年)の調査では、この断層がおおよそ 1000〜 3000年の周期で動いており、 甚大な被害をもたらした 1858年 (安政 5年) の飛越地震も この断層が動いたことで起こった地震であることなどが明らかにされました。 その際には、約 4.5- 8mの右横ずれが生じた可能性があります。

項目 記事
断層帯を構成する断層 跡津川断層、弥陀原(みだがはら)断層、天狗平断層、茂住祐延(もずみすけのぶ)断層
地表における断層帯の位置・形状 断層帯の位置
北東端 北緯 36°35′東経 137°36′
南西端 北緯 36°16′東経 136°56′
長さ 約 69km
上端の深さ 0km
約 15km
断層のずれの向きと種類 右横ずれ断層
平均的なずれの速度 約 2-3m/千年(右横ずれ成分)
過去の活動時期
最近の活動時期
活動 1(最新活動) 1858年(安政 5年)飛越地震(地形・地質調査では 17世紀以後)



参考文献 岐阜の地学・よもやま話


「地震調査研究推進本部地震調査委員会(2004)、「跡津川断層帯の長期評価について」、 「跡津川断層帯の位置と主な調査地点」を基に作成

TOP