ムービーについて

このソフトに収録されているムービーについて解説します。

加速度と震度
収録のムービーで表示されるのは震度ではなく、加速度となります。
(「加速度」について、詳しくはこちらをご覧下さい。)
同じ加速度でも、揺れの周期や継続時間によって震度が変わってきますので、正確な震度を割り出す事はできませんが、 目安として参考震度を割り当てました。(下図参照)
ムービーなどを見る際に参考にして下さい。
あくまで参考程度の震度ですので、その事を予めご了承下さい。


加速度から換算される参考震度。

地震波形ダイアログ

波形の表示。下部のカラーバーが加速度の凡例。

ムービー中、左下に表示されるダイアログボックス(右図参照)には、 指定された箇所の加速度の波形と、加速度の大きさの凡例が示されます。
実際のムービーでは、加速度の大きさは色の他に円の大きさでも区別されます。

吹き出し表示

指定箇所を示す赤字の吹き出し表示。

地震波形のダイアログで指定される地点は、赤字の吹き出し表示によって示されます。 (右図参照)
他に、震源、断層、指定箇所以外の主な地点などが吹き出しで表示されます。

断層線と境界線

断層を示すピンク色の太線と境界線を示す水色の線。

ムービー中、マップ上に表示される実線のうち、水色の線が市町村の境界線、ピンク色の線が活断層を示しています。 (右図参照)
震源から広がった強い地震動は、断層に沿って移動していきます。

地震の発生からその広がり方、強い地震動の分布を動画として見る事で、地震がどこで発生し、どのような動きで地域に広がり、 そして地震の発生からの継続時間がどれくらいなのかを、より明確に知る事ができます。

最大加速度表示

最大地震加速度の表示。断層に沿ったラインを描いている。

参考予測被害データのページには、 「最大地震加速度」(右図参照)が予想震度分布などと共に用意されています。
これは、地点ごとの「最も大きな加速度」を色で示したもので、 最も強い揺れを示す赤の表示が、震源となった活断層と同じラインに沿っている事が分かります。

動画で地震の伝わり方を理解するとともに、 最大加速度表示で活断層と地震動の大きさの関係性を知る事ができます。

TOP