関ヶ原〜養老断層系地震
震度分布の広がりと被害予測


関ヶ原〜養老断層系地震における、県内想定震度。
出典:岐阜県地震災害想定シナリオ調査結果(平成16年度), 岐阜県地震防災行動計画(平成18年度〜平成22年度)パンフレットより〕

関ヶ原−養老断層系地震とは、関ヶ原断層と養老断層が連続して地震を引き起こした場合を想定した地震です。

地震の最初の震源は、関ヶ原断層の北側とし、そこから揺れの中心は関ヶ原断層を南下して旧養老町辺りで養老断層に到達し、 揺れの中心は養老断層を南下するものと想定しています。

この一連の地震により、強い揺れの範囲は両断層が交わる旧養老町付近から南北に走る養老断層沿いに分布します。

また本断層系地震による被害は西濃及び岐阜地域に集中し、中濃、東濃及び飛騨地域は少ないものと予測されています。


最大加速度表示では、下図のような分布になります。
上記の震度分布図と似たような形となっていますが、細部に違いがある事が分かります。

関ヶ原〜養老断層系地震における、最大加速度分布。

TOP